【300×250】ネスレ日本株式会社/ネスカフェ ドルチェ グスト

コーヒーを飲むことで得られる効果はどの程度持続するのか?

コーヒーは眠気覚ましのために飲む!
大事な会議や仕事の前に集中力を高めるために飲む!

など、コーヒーを飲む方は飲むことによって得られる効果を期待していることが多いです。

これらの効果を心身に与える成分としてはコーヒーに多く含まれるカフェインによるものです。

一般的にこのカフェインは、摂取してから約30分で脳に届くといわれています。

摂取した量や個人の体質(肝機能)によって持続時間は様々であり、
一概にまとめることは難しいのですが、覚醒したり、集中力が高まるといったような効果は
約3時間で最大となり、その後消失するまでは大体8~14時間かかるとされています。

加えて、ホットを飲むのか、アイスを飲むのかといった摂取方法の仕方によっても
体内でカフェインを吸収する時間に差が出ます。

それでもコーヒーを飲んでからおおよそ30分でその成分は脳に届き、
その効果はそこから約半日、もしくはそれ以上持続するとなると、
思ったより長く続くのだなという感覚になるのではないでしょうか。

さらにカフェインには脂肪燃焼作用もあり、ダイエットにも有効といわれていますが、
脂肪燃焼効果はこちらも摂取してから約3時間とされてます。

つまりコーヒーを飲んでから3時間後に、集中力も覚醒の度合いも、
そして脂肪燃焼率も最大限に高まるということがいえます。

これらの持続時間と実際に飲んだ時の自分の体質や感じ方も理解しておけば、
逆算してコーヒーを飲むことでその効果を目的に合わせて最大限活用することができます。

↓↓↓【ネスレ日本】自宅で本格的なカフェ↓↓↓
コーヒーマシンが無料でもらえる新規募集中!
ネスレ日本株式会社/ネスカフェ ドルチェ グスト

関連記事

ピックアップ記事

飲み方に気をつければ大丈夫!コーヒーで驚くべき健康効果

コーヒーを飲むと胃が荒れる、眠れなくなるなどの悪いイメージがありますが、 飲み方に気を付ければ、驚くべき健康効果もあります。 気をつ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る