【300×250】ネスレ日本株式会社/ネスカフェ ドルチェ グスト

現代病といわれる糖尿病の予防に効果的なコーヒーについて

昭和30年代の推定糖尿病患者数は約30万人と言われていましたが、現在の推定糖尿病患者数は1060万人以上に増えており、糖尿病予備軍のかたの数を含めると、とてもすごい数になります。

特に日本人は体からインスリンを出す力が、欧米人などと比べると弱く、また糖尿病になりやすい遺伝子要因をもっているとされており、これが関係し糖尿病の患者が増えている原因とされていますが、この半世紀で日本人の生活スタイルや食生活も大きく変化していることも大きな要因の一つです。
増え続けている糖尿病の予防に効果的といわれているのがコーヒーで、普段コーヒーを良く飲む人と、飲まない人では、コーヒーを飲まない方より飲む方のほうが糖尿病にならない確立が2割位多いといわれています

126064__table-grain-saucer-cup-spoon-coffee-drink-smoke_p

また糖尿病の予備軍となっている場合は、生活習慣や食生活の改善によって約6割の方が糖尿病の発症を防ぐことができ、コーヒーに含まれているカフェインを体内に取り込むことによって運動をした時と似た効果を体に与える運動類似効果があり、生活習慣病の肥満を改善する効果が期待できますので、糖尿病の予防に繋がるとされています。
もともと、コーヒーは体重の増加や肥満の抑制に効果があると言われていましたので、日々の生活の中でカフェインを積極的にとることによって、糖尿病の要因となっている肥満や脂肪肝の改善をする事ができますので糖尿病の予防になります。しかしその他にも、適度な運動や食生活の改善と並行することが必要となります。

↓↓↓【ネスレ日本】自宅で本格的なカフェ↓↓↓
コーヒーマシンが無料でもらえる新規募集中!
ネスレ日本株式会社/ネスカフェ ドルチェ グスト

関連記事

ピックアップ記事

コーヒーを飲む人は飲まない人に比べて肝臓に良い効果がある

肝臓の症状で恐いのが脂肪肝です。脂肪肝とは肝臓に中性脂肪が溜まってしまう症状の事を言います。 そもそも中性脂肪が肝細胞に含まれています…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る