【300×250】ネスレ日本株式会社/ネスカフェ ドルチェ グスト

コーヒーを飲む人は飲まない人に比べて肝臓に良い効果がある

肝臓の症状で恐いのが脂肪肝です。脂肪肝とは肝臓に中性脂肪が溜まってしまう症状の事を言います。

そもそも中性脂肪が肝細胞に含まれています。

30パーセント以上溜まってしまうと、脂肪肝と診断されます。

脂肪肝になると白い部分が出来ます。白い部分は中性脂肪です。

症状の原因は食べ過ぎと運動不足です。

アルコールをたくさん飲む方や脂っこいもの好きな人に多いです。

特に1日に摂取するアルコール量が20グラム以上を超えると発症リスクが高まります。

アルコール20グラムはビールでは400ml、日本酒は1合に相当します。

一昔前まで中高年に多く見られましたが、最近では30代から発症する方が増加し若年化が進んでいます。

発症者数は10年間で約2倍増えました。

脂肪肝が進行すると狭心症や心筋梗塞など恐ろしい病気へつながります。

また糖尿病や動脈硬化のリスクもあります。

99288__saucer-cup-coffee-foam-smoke-drink-coffee-beans_p

コーヒーを毎日飲む人は、コーヒーをあまり飲まない人と比べて肝臓の症状脂肪肝になるリスクを抑える効果があります。

これは1990年頃海外で研究が発表されました。

研究ではアルコールを飲む男性を42人集めて2つのグループに分け実施されました。

1つのグループはコーヒーを1日2杯以上1か月間毎日飲むグループ、もう一つのグループにはコーヒーを1か月間一切飲まないグループに分けました。

1か月後コーヒーを飲むグループは飲まないグループに比べ血圧が下がっていることが実証されました。

また肥満者と比べてコーヒーを毎日飲む方は肝機能が健康であることが分かりました。

効果には肝機能を良くする効果に加え肥満を抑える効果があるのです。

↓↓↓【ネスレ日本】自宅で本格的なカフェ↓↓↓
コーヒーマシンが無料でもらえる新規募集中!
ネスレ日本株式会社/ネスカフェ ドルチェ グスト

関連記事

ピックアップ記事

コーヒーの効果:抗菌作用があって病気の予防にもなります

コーヒーは嗜好品というイメージがあり、実際に毎日のようにたしなんでいる人も少なくはありませんが、おいしいだけでなく様々な効果も持っています。…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る