【300×250】ネスレ日本株式会社/ネスカフェ ドルチェ グスト

コーヒーを飲むことでメンタルヘルスに及ぼす効果とは?

コーヒーにはカフェインという成分が多く含まれており、

カフェインの覚醒作用によって集中力や記憶力が高まるといった効果があります。

抗ガン作用や脂肪燃焼によるダイエット効果も見込まれており、

適量を摂取することは身体に良いとされています
その一方で飲みすぎによるカフェイン中毒や依存症といったメンタルヘルスに悪影響を及ぼし、

心の病気の一種となってしまう面もあります
コーヒーを過剰に摂取すると神経過敏になる。落ち着きがなくなる。考えがまとまりにくくなる。

不眠になる。胃腸の調子が悪くなる。疲れを感じにくくなる。といった効果も見られるようになり、

これらの症状が強く出ている場合には「カフェイン中毒」といわれます。

225941__mug-coffee-hot-night-lights_p
日常的にコーヒーを飲んでおり、飲まないと不安になったり、身体がだるくなって頭がぼんやりしてしまうようになれば、それは「含まれるカフェイン依存症」といわれます。最近ではコーヒーとうつ病の関係性も研究されているほどです。

 

タバコやお酒と同様に、イライラしたときやストレスが強いときほどコーヒーを飲みたくなって、

飲むとなんだか落ち着くという経験をされている方もいるはずです。

メンタルヘルスとはその名の通り、心の健康のことです。

 

コーヒーは適量を摂取することで心身に良い影響をもたらしますが、

行き過ぎた摂取になってしまうことではメンタルヘルスに全く逆の効果を与えてしまう恐れがあります。

ほどほどに飲むことで、心身共に良い影響を与えるだけにしておくことが望ましいです。

↓↓↓【ネスレ日本】自宅で本格的なカフェ↓↓↓
コーヒーマシンが無料でもらえる新規募集中!
ネスレ日本株式会社/ネスカフェ ドルチェ グスト

関連記事

ピックアップ記事

飲み方に気をつければ大丈夫!コーヒーで驚くべき健康効果

コーヒーを飲むと胃が荒れる、眠れなくなるなどの悪いイメージがありますが、 飲み方に気を付ければ、驚くべき健康効果もあります。 気をつ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る