【300×250】ネスレ日本株式会社/ネスカフェ ドルチェ グスト

コーヒーの効果:抗菌作用があって病気の予防にもなります

コーヒーは嗜好品というイメージがあり、実際に毎日のようにたしなんでいる人も少なくはありませんが、おいしいだけでなく様々な効果も持っています。

その中の一つが抗菌作用で、ピロリ菌や悪性の大腸菌などの菌類を死滅させる働きがあり、継続して飲むことで、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などを防ぐことができます。病原性大腸菌の繁殖を防ぐ働きもあり、下痢やO-157などの予防にもなります。
コーヒーは、これらの病原菌に対する抗菌作用がわずかな量でも見られます。

毎日一杯ずつ飲むだけでも、胃腸内の細菌類の繁殖を大幅に抑えることができますし、悪性の細菌類の中には完全に死滅したものもあります。

149491__coffee-teapot-cups-corn-tray-cinnamon-spatula-sugar_p

また、濃度が濃いほど抗菌作用が強いこともわかっており、胃に負担をかけない程度の濃いめのコーヒーを毎日飲むことは、胃腸の弱い人や免疫力の弱い人にとってはかなり有効な手段であるといえます。
コーヒーが苦手な人にとっては、その効果が突出したものであったとしても、毎日継続して飲むというのは苦痛になりかねません。

コーヒーの抗菌作用は必ずしもブラックで摂取しなければならないというものではなく、カフェオレにしたり砂糖を入れて飲んでも十分な効果が見込めます

大切なのは継続することで、一度に大量に飲むと利尿効果でトイレが近くなったり、眠れなくなったり、胃に負担がかかることがあります。

自分が飲める範囲の量で構いませんので、毎日の習慣にしてはいかがでしょうか。

↓↓↓【ネスレ日本】自宅で本格的なカフェ↓↓↓
コーヒーマシンが無料でもらえる新規募集中!
ネスレ日本株式会社/ネスカフェ ドルチェ グスト

関連記事

ピックアップ記事

飲み方に気をつければ大丈夫!コーヒーで驚くべき健康効果

コーヒーを飲むと胃が荒れる、眠れなくなるなどの悪いイメージがありますが、 飲み方に気を付ければ、驚くべき健康効果もあります。 気をつ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る